インド映画を巡る冒険(仮)

以前メインのブログに書いたインド映画記事のアーカイヴです。当時書いたまま直さず転載しておりますので、誤記等ありましてもご容赦ください。

更新停止のお知らせ

このブログ『インド映画を巡る冒険(仮)』は元ブログ『メモリの藻屑、記憶領域のゴミ』からインド映画記事のみを抜き出しアーカイヴしていましたが、前回の記事でアーカイヴするインド映画記事が無くなってしまったため、今回で更新停止とさせていただきます。永らく御愛顧いただいて誠にありがとうございました。引き続き元ブログ『メモリの藻屑、記憶領域のゴミ』をお読みいただければ光栄です。

ブログ主:フモ

困難に満ちた火星探査船計画を成功させろ/映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』

ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画 (監督:ジャガン・シャクティ 2019年インド映画)

f:id:globalhead:20210109174937j:plain

世界で初めて成功した火星探査船計画

2013年、インドは世界で初めて火星周回軌道に探査船を到着させることに成功します。それまでアメリカ、ロシア、中国といった大国が軒並み失敗していた計画を、月探査船さえ送り込んでいなかったインドが成功させてしまったんですね。その実話を元に、計画の背後に存在したであろう様々なドラマを脚色して描いたのが映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』です。

《物語》2010年、宇宙計画の命運をかけたロケット打ち上げが失敗に終わり、チームリーダーのラケーシュと同僚のタラは実現に程遠い火星探査プロジェクトに異動させられます。しかもそこに集められたスタッフは経験の浅い若手女性職員や二軍落ち扱いの男性職員ばかり。けれどもラケーシュとタラは次々とアイディアを出し、火星探査プロジェクトを実現可能のものとしてゆきます。とはいえ、上層部の反応は冷たく、無理難題ばかりが積み重なってゆきます。果たして火星探査プロジェクトは軌道に乗ることが出来るのか!?

『パッドマン 5億人の女性を救った男』スタッフが再集結

主演は『パッドマン 5億人の女性を救った男』『KESARI/ケサリ 21人の勇者たち』のアクシャイ・クマールと『女神は二度微笑む』『フェラーリの運ぶ夢』のヴィディヤー・バーラン。さらに『ダバング 大胆不敵』のソーナークシー・シンハー、『きっと、うまくいく』のシャルマン・ジョシ、Netflixドラマ『ピンク』のタープスィー・パンヌーといった俳優が脇を固めます。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』『パッドマン』で助監督を務め、今作が初監督となるジャガン・シャクティ

いやー、素敵な映画でした。『パッドマン』主演・製作スタッフが再結集ということらしいんですが、『パッドマン』同様、困難極まりないミッションを、決して諦めることなく、石に齧り付いてでも成功させようという不撓不屈の精神がここでも描かれているんですね。今作は宇宙計画という、国家規模の計画が扱われますからその困難さはまた別格です。それは予算や人員、技術的問題と達成すべき期日、さらに国家の威信までが重なるのですから、その重圧は並大抵のものではありません。

女性がメインとなる今日的なアプローチの作品

しかしこの『ミッション・マンガル』は、そんな困難な計画の様子を決してシリアス一辺倒で描くものではありません。お堅いリアリズムにこだわらず、ややこしい科学技術を並べることもなく、むしろ明るく軽やかなステップで、ユーモラスかつテンポよく進んでゆくんです。それはなんと言っても、この作品がタラを始めとする女性スタッフが中心となって描かれていることが理由の一つでしょう。彼女らが挑む宇宙計画だけではなく、それぞれのプライベートな人間関係や各々が抱える想いを描くことにより、実にたおやかで情感豊かな物語となっているんです。こういった「女性がメインとなる物語」であることが非常に今日的なテイストを生んでいるんですね。

「女性がメインとなって描かれる宇宙計画」といえば60年代NASAの黒人女性スタッフをクローズアップして製作された映画『ドリーム』を思い浮かべる事ができるでしょう。『ミッション・マンガル』はこの『ドリーム』を多大に意識して作られたものであるように思えます。実のところ『ミッション・マンガル』の、「経験の浅い少数の若手女性職員が中心となって遂行されたミッション」というプロットはあくまで脚色です。実際当時の計画には1万7千人が従事し、そのうち女性は20パーセントだったというのが正確な数字です。しかしその中から女性をクローズアップさせることによって、単なるドキュメンタリー作品ではなく、今日的な切り口を持った娯楽作品として豊かな物語性を加味することに成功しています。

無理難題とアクシデントが重なる困難な計画

そういった点のみならず、作品は「困難な計画」のその「困難さ」を徹底的に描きます。上層部の冷淡さと圧力と対立、バラバラな気持ちのチームスタッフ、ひたすら渋られる予算、どの国も成し得ていない計画の技術問題、火星接近に間に合わせなければいけない期日、これら積み重なる無理難題と度重なるアクシデントが、観ていて最後までハラハラさせられどうしなんです。そしてそれを数々の閃きとアイディアで乗り越えてゆく様子がまた胸のすく作品となっているんです。

これらのドラマも映画的脚色なのだろうと思いますが、現実的には宇宙計画とは地味で地道で厳密なものの集積であるのでしょう。しかしその根底にある「宇宙への想い」をドラマとして結実させたのがこの作品だと言えるのではないでしょうか。実際にも、この火星探査船計画は日本円で約70億円という破格の低予算で成し遂げられました。映画でも言及されていますが、それはハリウッドの大作映画よりも低い予算です。宇宙を駆ける映画の夢よりも低い予算で現実に宇宙へと羽ばたく夢を実現させたこの計画、その偉大さに触れるという部分においても、見所のある作品ではないでしょうか。 

パッドマン 5億人の女性を救った男 [DVD]

パッドマン 5億人の女性を救った男 [DVD]

  • 発売日: 2019/04/24
  • メディア: DVD
 
女神は二度微笑む [DVD]

女神は二度微笑む [DVD]

  • 発売日: 2015/09/02
  • メディア: DVD
 
ダバング 大胆不敵 [DVD]

ダバング 大胆不敵 [DVD]

  • 発売日: 2015/05/02
  • メディア: DVD
 
きっと、うまくいく [Blu-ray]

きっと、うまくいく [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/12/03
  • メディア: Blu-ray
 
ドリーム [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
 

僕らはもう負け犬なんかじゃない / 映画『きっと、またあえる』

■きっと、またあえる (監督:ニテーシュ・ティワーリー 2019年インド映画)

f:id:globalhead:20200906165120j:plain

■人生にとって本当に大事なもの

「人生にとって本当に大事なものってなんなのだろう」。あるショッキングな事件に見舞われた別居中の夫婦の元に、二人の学生時代の友人たちが集まります。楽しかったこと、悔しかったこと、彼らは学生時代の様々なエピソードを振り返りながら、この今、失くしてしまったものをもう一度手に入れようとするのです。インド映画『きっと、またあえる』は過去と現在を行き来しながら、笑いと涙の一大ロマンを描く作品です。監督は『ダンガル きっと、つよくなる』で世界的大ヒットを飛ばしたニテーシュ・ティワーリー。主演は『pk』のスシャント・シン・ラージプート、『サーホー』のシュラッダー・カプール

【物語】アニ(スシャント・シン・ラージプート)は妻マヤ(シュラッダー・カプール)と現在別居中、息子のラーガヴ(ムハンマド・サマド)を引き取り父子二人きりで生活していました。しかしそのラーガヴが生死にかかわる怪我で病院に担ぎ込まれ、アニの心は千々に乱れます。アニはラーガヴに生きる気力を与えるため、妻マヤと共に、懐かしい大学時代の旧友たちを呼び寄せます。そして彼らはラーガヴに輝きに満ちた青春時代の思い出を語り始めるのです。そこは1992年のボンベイ工科大学。エリートばかりのはずのその大学に、「負け犬」と呼ばれた連中がいたのでした。

f:id:globalhead:20200909000421j:plain


■現在と過去の二つの時間軸

物語は、現在と過去の二つの時間軸を行き来しながら描かれてゆきます。それは、エリートコースの人生を生き、悠々自適の生活を送っていたはずなのに、愛し合っていた妻とは別居し、息子にも思いやりのある父として接してあげられず、悔恨の中に沈む主人公アニの現在。そして、夢と希望を抱いて難関大学に入学し、変り者ながら気さくな連中と友情を育み、校内一の美女に心ときめかせていた学生時代の過去のアニです。お気楽な学生生活を送っていたアニと友人たちでしたが、彼らは校内で「負け犬」と呼ばれていました。それは、彼らが寮対抗で行われる競技大会で万年ビリッケツだったからでした。

まずこの、二つの時間軸を行き来しながら描かれる展開が非常に巧みであり、そしてスムースであることに驚かされる物語です。アニは病床のラーガヴに青春時代の物語を語りますが、そこで登場人物が一人増えるたびに、その本人が現在の姿で病床に現れ、青春時代の姿とオッサンになった現在の姿のギャップでいちいち笑わせてくれるんです(全然変わんないヤツもいるけどそれはそれでまた可笑しい)。でも彼らが一人また一人と現れるその様子は、なんだか『七人の侍』で猛者たちが一人一人登場してくるみたいで、とてもワクワクさせられるんですよ!

f:id:globalhead:20200909000437j:plain


■手に汗握る(そして笑わせる)ゼネラル・チャンピオンシップ

大学時代の彼らの楽しくお気楽な毎日は、いかにも青春ドラマしていて非常に和ませ、また笑わせます。あまりに下らないバカばっかりやっているもんですから、「名門大学の学生のくせしていったいいつ勉強してんだよ!」と突っ込みたくなるほどです。物語は彼らが寄宿する大学寮を中心として描かれますが、ここで思い出すのは同じく名門大学寮を舞台にしたインド映画の大名作『きっと、うまくいく』でしょう。しかし一見似通って見えるこの二つの作品は、『きっと、うまくいく』がランチョーという名の謎めいたカリスマの本質に迫る物語であったのに対し、『きっと、またあえる』ではイーブンな関係にある者同士の気の置けない友情ぶりが描かれてゆくことになるんです。

物語の核心となるのは寮対抗の競技大会、ゼネラル・チャンピオンシップです。「負け犬」とそしられる主人公たちが、この汚名をどう返上しチャンピオンと返り咲くことが出来るのかが描かれるんです。ここからは重いコンダラを曳く主人公たちのスポコン展開が……と思っていたら、おーいなんじゃその作戦はーーッ!?とズッコケさせられまくること必至です。ここからは笑いも加速し、同時にラストスパートへの緊張感もいや増してゆくんです。オチャラケも交えながらここまで緊張感を高められたのは、『ダンガル きっと、つよくなる』において手に汗握るレスリング試合の攻防を描いたニテーシュ・ティワーリー監督ならではの手腕でしょう。試合の駆け引きの巧みな描写と併せ、緩急自在な物語の駆け引きにも巧みなものを感じました。

f:id:globalhead:20200909000447j:plain

■”負け犬”たちの再生の物語

エリート校に入学し将来を約束された主人公らが、たかだか寮対抗試合ごときで「負け犬」だなどと気に病み憤慨するのはお門違いかもしれません。しかし、人にはそれぞれの「生きてゆく場所」があり、その定められた場所で「どう生きてゆくか」を選択してゆくしかないのだと思います。そしてその「どう生きてゆくか」がその場所で生きる人間の価値を左右するのではないでしょうか。エリートでありながら家庭の瓦解したアニは「どう生きてゆくか」を見失っていたのだと思います。あまつさえ、息子にすら「どう生きてゆくか」を伝える事ができませんでした。しかし物語ラストにおいて、過去と現在両方にその再生と赦免が描かれることになるのです。これは驚くべきシナリオ構成と言えるでしょう。

こうして物語は過去から現在に連綿として続く篤い友情を描きながら、その友情の物語を通して病床のラーガヴに生きることの大切さ、生きることの楽しさを伝えてゆくんです。それは同時に、エリートコースの中でアニが忘れかけていた、人生において本当に大事なものを思い出させる物語でもあったのでした。次々と語られるエピソードはどれもたおやかなほどに繊細かつエモーショナルであり、あるいは突拍子もない程とぼけていて、憎たらしくなるぐらい盛り上げ方と泣かせ方が巧みです。観ている間中、あたかも温かく心地よい感情の波のまにまを漂っているかのように心が豊かな気持ちになってゆく作品でした。この瑞々しい情感の在り方は、ある意味インド映画ならではなのではないでしょうか。映画『きっと、またあえる』は、長く記憶に残り語られ続けるだろう作品であることは間違いないでしょう。


映画『きっと、またあえる』予告編 

きっと、またあえる [Blu-ray]

きっと、またあえる [Blu-ray]

  • スシャント・シン・ラージプート
Amazon
きっと、またあえる [DVD]

きっと、またあえる [DVD]

  • スシャント・シン・ラージプート
Amazon

最近観たインド(関連)映画3作

■ホテル・ムンバイ(監督:アンソニー・マラス 2018年オーストラリア・アメリカ・インド映画)

ホテル・ムンバイ [Blu-ray]

ホテル・ムンバイ [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/03/03
  • メディア: Blu-ray
 

映画『ホテル・ムンバイ』は2008年、インドの都市ムンバイで実際に起きたイスラム過激派による「ムンバイ同時多発テロ」を描いたものである。死者171人、負傷者284人を出したこのテロ事件は、インドでも未曾有の大惨事として記憶されている。

映画はこのテロ事件に見舞われたインドを代表する5つ星ホテル、ホテル・ムンバイを舞台にして描かれる。観ていてまず驚かされたのは犯人グループの情け容赦ない無差別殺戮を克明に描いていることだ。犯人たちは発見した客たちを問答無用に次々と射殺してゆき、ホテル内は屍累々たる地獄絵図と化すのだ。

そんな中、ホテル従業員たちは宿泊客に隠れ場所を提供し、脱出の手段を練る。実話とはいえ、この辺りのサスペンスが凄まじい。さらにこの事件においては、制圧部隊がムンバイ内に存在せず、遠くデリーからやってこなければならなかった、という事情がなおさらに絶望感を生む。ハリウッド映画のように特殊部隊が電撃突入!というわけには行かなかったのだ。だからこそ、ホテル従業員たちの決死の行動がクローズアップされ、そこでドラマを生んでいるのだ。

それにしてもインド映画でもここまで凄惨な描写が可能なのか、と思ったら実際はオーストラリア・アメリカ・インド合作映画で、監督もオーストラリア人だった。主演を『LION ライオン 25年目のただいま』『スラムドッグ$ミリオネア』のデブ・パテルが演じるが、インド映画界からも名優アヌパム・ケールが重要な役割で登場し、非常に強い存在感を感じさせた。ある意味もう一人の主役は彼だったんじゃないかとすら思わせた。

 

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル (監督:チャック・ラッセル 2019年インド映画)

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル [DVD]

ガネーシャ マスター・オブ・ジャングル [DVD]

  • 発売日: 2020/03/04
  • メディア: DVD
 

「象の密猟者は俺が成敗する!」という作品で、トニー・ジャー主演のタイ映画『トム・ヤン・クン!』を一瞬連想するが、これはあくまでインド映画。しかし監督は『ブロブ/宇宙からの不明物体』『マスク』『イレイザー』のチャック・ラッセル、主人公はインド武術カラリパヤットを操るイケメン獣医、という微妙にカオスな作品でもある。とはいえ「父と子の絆/対立」をメインドラマに持って来るインド映画的な展開と、それと対照的なマッスルアクションの炸裂具合には大いに楽しめた。なにしろ主演のヴィドゥユト・ジャームワール(映画『Commando』シリーズに出演あり)の筋肉美がいい。もちろんインド武術の動きも美しかった。マスクも甘いし、インドアクション俳優としてはタイガー・シュロフと同じぐらい人気が出てもいいんではないかと思ったがな。

 

ラクシュミー 女神転聖 (監督:パラム・ギル 2016年インド映画)

ラクシュミー 女神転聖 [DVD]

ラクシュミー 女神転聖 [DVD]

  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: DVD
 

レイプ未遂に遭った少女が護身のためにクンフーを身に付け、成人となって悪と対峙する! という一見面白そうな題材の映画なのだが、いやこれが箸にも棒にもかからないグダグダ作で・・・・・・。なにしろ中盤は主人公女子ととっちゃん坊やみたいな主演男優とのダラダラしたラブロマンスを延々見せられアクションのアの字も無いまま進んでいき、その後「星占いを無視して結婚した私たちに災いが!?」という謎のオカルト展開を迎え(ただし冥界の使者役でオーム・プリーが出演していてびっくり!)、やっと終盤アクションになだれ込んだかと思ったらこれがもうしょぼくてしょぼくて・・・・・・という作品で、インド映画って他にも沢山あるのになんでわざわざこの映画買い付けてきた!?と販売元を小一時間ぐらい問い詰めたい気分になった。一応「『マハーバーラタ』におけるサヴィトリとサティアヴァンの物語を現代に置き換えた作品」なのらしい。

ウォーッ!!インド超絶アクション作『WAR ウォー!!』が超絶面白かったぞウォーッ!!

■WAR ウォー!! (監督:シッダールト・アーナンド 2019年インド映画)

f:id:globalhead:20200726180146j:plain

ウォーッ!!インド超絶アクション作『WAR ウォー!!』が超絶面白かったぞウォーッ!!うぉうぉうウォーッ!! 

暑い夏の到来に合わせ、熱い思いを抱いた男たちが熱く激突するとことん熱い映画が公開だ!その名は『WAR ウォー!!』、インドで2019年に公開され大ヒットを飛ばしまくったアクション映画なんだ!それがいよいよ日本でも公開されるというわけだからこりゃもう観るしかないぞ!

映画『WAR ウォー!!』はジャンルで言うならスパイ・アクションだ!主人公はイスラム過激派テロリストを追うガチムチな若手インド諜報局員カリード(タイガー・シュロフ)!彼に課せられたミッションはテロリストに寝返ったガチムチの上司カビール(リティク・ローシャン)を追う、というもの!カリードは恩師として尊敬していたカビールを討つことが出来るのか、そしてカビールはなぜ寝返ったのか!?こうしてガチムチ敏腕スパイ同士がガチムチの肉体をぶつけ合う戦いが始まるんだ!

監督のシッダールト・アーナンドはトムクル主演のハリウッド映画『ナイト&デイ』のリメイク作品『Bang Bang !』をリティク・ローシャン主演で撮っていて、この作品がまた日本のインド映画ファンに大ウケしたこともあって、期待値の高まった作品でもあるんだね!展開するアクションは文句なしの出来栄え!銃撃戦に肉弾戦、カーチェイス、バイクチェイスが畳みかけるように炸裂する!ミニガンが身体を引き裂きRPGが全てを破壊し、巡航ミサイルが大虐殺の狼煙を上げて打ち上げられる!どれもが予算のたっぷり掛けられた息もつかせぬハイクオリティなアクションの連続!おまけに主演の二人のガチムチな肉体と身体能力の高さがよりアクションを華麗に魅せる!ハリウッド映画の引用もあちこちで見られ、バイクシーンでは『ミッション:インポッシブル』シリーズ、氷上対決では『ワイルドスピード ICEBREAK』を彷彿させていたが、オリジナルに決して引けをとっていない!なにしろ、どのシーンもカッコイイ!

一方物語は陰謀と裏切り、過去の因縁、思いもよらない大どんでん返しと、スパイ・アクションに必要な要素もたっぷり盛り込まれている!そしてこれは尊厳と誇りの物語であり、それを為す事の出来なかった悔恨と償いについての物語でもある。そんなドラマが熱く熱く語られ、感情が大きく揺さぶられること必至だ!そしてこれら全てが決して緊張感を途切れさすことなくひたすらエモーショナルに描かれてゆくんだ!まあ、「そんなの知らんがな!」とツッコミをいれたくなるような唐突で強引な展開もあるんだが、「面白いから全部許す!」って気になっちゃうんだな!

主演のタイガー・シュロフは今インド映画界で最もキレッキレなアクションと踊りを見せる若手映画スターなんだ!なにしろガチムチだ!目つきがちょっと爬虫類っぽいけど笑うと可愛くないことも無い!日本ではアクション映画『タイガー・バレット』がDVDとサブスクでリリースがあるから『WAR ウォー!!』を気に入った人は是非観てみよう!

f:id:globalhead:20200727064237j:plain
そしてこの作品の最大の魅力は、裏切った上司を演じるリティク・ローシャンがカッコよすぎるということ、これに尽きる!リティク・ローシャン、インド映画界でも重鎮の男優であり、日本ではスーパーヒーロー映画『クリッシュ』がDVDやサブスクでリリースされている!

f:id:globalhead:20200429164457j:plain

カッコよすぎる男リティク様

 甘いマスク、鍛え上げられた肉体、さらに踊りは抜群! リティク主演の映画は今まで何作か観たことがあるが、それらよりもお歳の召したリティクのいぶし銀の魅力に、画面を見ながらもうウットリ!オレは男だが!こんなリティクになら抱かれてもいい!いやオレは男だが!神様に願いを聞いてもらえるなら、こんなリティクになって自分に見惚れてみたい!とさえ思ってしまった!いやあアホだなオレ!

いや実はこの作品、ちょっと前に英語版ブルーレイで観てたんだが、映画館で観るとやっぱり違うね!なにが違うって、なにしろ重低音効きまくった音響がとてつもなく素晴らしかったんだよ!銃撃戦や大爆発の効果音、そしてサウンドトラックが臨場感たっぷりに迫ってくる!歌と踊りのシーンの音楽もサイコーさ!やっぱり映画は映画館だな!みんなも映画館にgoだ!

(※このエントリは以前英語版ブルーレイで視聴したときに書いたものを日本公開に合わせ内容を変えてお送りしました)

www.youtube.com

WAR ウォー!! [Blu-ray]

WAR ウォー!! [Blu-ray]

  • リティク・ローシャン
Amazon
WAR ウォー!! [DVD]

WAR ウォー!! [DVD]

  • リティク・ローシャン
Amazon
タイガー・バレット [DVD]

タイガー・バレット [DVD]

  • 発売日: 2019/01/16
  • メディア: DVD
 
タイガー・バレット(字幕版)

タイガー・バレット(字幕版)

  • 発売日: 2019/01/16
  • メディア: Prime Video
 
クリッシュ [DVD]

クリッシュ [DVD]

  • 発売日: 2015/01/09
  • メディア: DVD
 
クリッシュ(字幕版)

クリッシュ(字幕版)

  • 発売日: 2015/03/13
  • メディア: Prime Video
 

『バーフバリ』的超絶展開が巻き起こるインド・アクション映画『サーホー』!

■サーホー (監督:スジート 2019年インド映画)

f:id:globalhead:20200412143402j:plain

近未来のインドを舞台に、警察・マフィア・大泥棒とが三つ巴となり虚虚実実の駆け引きを繰り広げあうというアクション大作がこの『サーホー』だ。主演にあの『バーフバリ』サーガでバーフバリ王を演じたプラバースが抜擢され、『バーフバリ』サーガを思わせる破天荒な異次元アクションが次々と飛び出すという最新インド映画話題作である。

物語の舞台はまずはムンバイ。200億ルピーに上る大規模な宝石窃盗事件が起こるが、捜査は依然として進まなかった。そこで抜擢されたのが敏腕潜入捜査官アショーク(プラバース)。彼は女性警察官アムリタ(シュラッダー・カプール)と協力し合い難事件に挑む。もうひとつの舞台は悪の街ワージー。犯罪組織の首領ロイ(ジャッキー・シュロフ)が暗殺され、その息子であるヴィシュワクと幹部デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)の間で3兆円を越えるとされる資産を巡り抗争が勃発した。そんな中、大泥棒を名乗る謎の男(ニール・ニティン・ムケーシュ)が3兆円の眠る金庫のキーアイテムを強奪しようとしていた。

まずなにより特記すべきは主演であるプラバースのギンギラギンに黒光りした男の魅力だろう。『バーフバリ』では臣民に愛される豪胆な王を演じた彼だが、今作では同じような無敵かつ強力なキャラであるのと同時に、ミステリアスでフェロモン発散しまくりのセクシーさで迫ってくる。プラバース演じる主人公アショークの大胆不敵さとそのカリスマ性は、この物語の大きな核となっているのだ。

そしてそのアクションだ。冒頭から『ザ・レイド』や『トム・ヤム・クン』を思わせる階層上昇型のアクションで度肝を抜き、炸裂する熾烈なカーチェイスは『ミッション・インポッシブル』や『ワイルド・スピード』シリーズもかくやと思わせるアクロバティック極まりないチェイス・シーンを見せる。肉体vs肉体の戦いでは鬼神が乗り移ったのかとさえ思わせる神懸り的な超絶殺法を繰り出し、身体は宙を舞い壁を突き抜けてゆく。さらになんと、今作では空まで飛んじゃうではないか!?なにしろもう全編に渡りやり過ぎ!?な何でもアリ感に満ち溢れ、「不可能の無い男アショーク」の超人振りにひたすら歓喜し感嘆し平伏してしまう、というのが本作なのだ。こんな具合にあまりにとんでもない展開が連発されるもんだから、クライマックスの辺りでオレは笑いが止まらなくなってしまったよ!

しかし『サーホー』はこのようなマッチョなアクションのみに終始する作品では決して無い。物語には様々な伏線が張り巡らされ、陰謀と計略が複雑に絡み合い、敵と味方はいつしか逆転し、誰が信じられる者なのか否かが錯綜し始め、どんでん返しに次ぐどんでん返しの連続には息つく暇さえない。単純なアクション映画だと思って舐めてかかると痛い目に遭ってしまう、そんな精緻なシナリオの妙味もまた技ありという作品でもあるのだ。こうしたいわゆる叙述トリック的な物語作りは実はインド映画では多く見られ、あまり語られないインド映画のもうひとつの魅力でもあるのではないかと思うのだ。

共演者としては、ヒンディー語映画でお馴染みのジャッキー・シュロフが出演し、これまた黒光りした悪の魅力を発散しているのも見所だし、同じくヒンディー語映画の名バイプレイヤー、ムラリ・シャルマの出演も嬉しい所。謎の大泥棒役を名作『プレーム兄貴、王になる』でアジャイ王子を演じた色男ニール・ニティン・ムケーシュが演じていることも見逃せない。ヒロインを演じるシュラッダー・カプールは『Haider』『Baaghi』を始め、今年日本公開予定の『きっと、またあえる』に出演を果たしている人気若手女優で、今後注目だろう。監督のスジートはこれが長編2作目となる新人監督だが、まだ29歳!?という若さにもかかわらず恐るべき才能を披露してくれた。

というわけでアクション・エンターティンメント作品として100%どころか1000%ぐらいにみっちりこってり面白さが詰まった『サーホー』、オレは充分に堪能出来たな!『バーフバリ』シリーズのキャッチフレーズは「王を称えよ!」だったが、この『サーホー』はさながら「サーホー万歳!」といったところかな。とはいえ「サーホー」って「万歳」って意味なんだけどね!サーホー万歳!

そこに疎ましい因習や階級があったとしても/映画『あなたの名前を呼べたなら』

■あなたの名前を呼べたなら (監督:ロヘナ・ゲラ 2018年インド・フランス映画)

f:id:globalhead:20200302213438j:plain

■家政婦とその主人

映画『あなたの名前を呼べたなら』はインドの大都市ムンバイを舞台にした、一人の家政婦とその主人との物語です。

主人公の名前はラトナ(ティロタマ・ショーム)、彼女は若くして夫を失った農村出身の女性です。ムンバイに出て来た彼女は建築会社の御曹司アシュヴィン(ヴィヴェーク・ゴーンバル)のマンションで住み込みの家政婦として働くことになります。実はこのアシュヴィン、結婚寸前に破談になってしまい、傷心の日々を送ってたんですね。何かと気遣いながらアシュヴィンを世話していたラトナに、アシュヴィンは次第に心安らぐものを感じてゆきます。そしてある日二人の仲が接近します。

こんな粗筋だけだと「田舎から出て来たメイドと都会暮らしの社長の御曹司との玉の輿ラブロマンスなのねー」と思われるでしょうが、実はそんな簡単でラブラブハッピーなお話では決して無いんです。なぜならこれは古い因習と階級格差が未だ頑固に残るインドの物語だからです。

■インドで寡婦であるということ

まず主人公ラトナが未亡人であるという事です。ヒンドゥー教の古い因習(それは「マヌ法典」にまで遡ります)では未亡人は不吉な存在とされ、一生を喪に服し一般の人の様な生活を送ることを許されません。この「寡婦差別」についてはラージ・カプール監督による『Prem Rog』という作品があり、その差別の苛烈さ残酷さが徹底して描かれます。もちろんこれは「古い因習」としてであり、現代においては古い時代ほどの酷い差別は無くなったようですが、しかしこの現代の、そして都市部でさえ、やはり未亡人であることはそれ即ち未来を閉ざされたものである、というのがインドの現状のようです。そしてラトナが田舎を捨て都会に出て来たのも、旧弊な共同体の中で未亡人として生きる事の息苦しさがあったからだったのです。同じように生き難くても、まだ都会の方がまし、ということなんです。

そして当然インドならではの階級差があります。カースト/ジャーティによる階級差は昔のように強く残ってはいないということですが、それでも、「農村出の未亡人の家政婦」と「都会で家業を継ぐ御曹司」とでは歴然とした階級差があるでしょう。それは「そのような階級差を失くしてゆこう」という新しい社会にあっても、古くからの因習の中に長く漬かり切ったせいで「自らの身に沁みついてしまった階級差」でもあるんです。

■不可能な愛

物語が進む中で、アシュヴィンはラトナを愛し始めている自分に気付きます。それは破談した結婚の虚しさを埋めたかったのか、甲斐甲斐しく彼を世話するラトナに母性的なものを覚えたからなのか、それはわかりません。しかし、アシュヴィンはアメリカ在住経験があり、おそらく「自由と平等」を尊ぶコスモポリタンな気概を学んできた男であることは物語の端々から伝わってきます。それは一介の家政婦でしかないラトナの給仕に、いつも「ありがとう」と応えていた様子から伝わってきます。そんな彼のラトナへの愛は、階級差など気にしない、お互いが「自由と平等」であるからこその愛だったのでしょう。

しかし、ラトナは違うんです。確かに、ラトナはアシュヴィンの愛を、最初は拒みはしませんでした。それはたった一度のキスです。それだけなんですが、「ああ、この二人は間違いなく愛し合ってるな、そして今、それを確認し合ったんだな」と否応なく伝わってくる、お互いに身を任せ合ったキスでした(静かで、淡々としてるけど、今まで映画で観た中で最高に固唾を飲んだキスシーンかもしれないとオレは思った)。でもその後ラトナは現実に帰ってしまうんです。それはお互いには絶対に乗り越えられない階級差があり、この愛は不可能であるということです。

これが新しい国アメリカの映画であるなら、「階級なんてカンケーないね!僕らの愛は自由で誰にも縛られないのさ!」となるのでしょう。そしてそんな自由さや不屈の自己実現の意志に拍手喝采し、物語はハッピーエンドで終わるのでしょう。でも、ここは古の因習の残る国インドなんです。ラトナは「不可能な愛」に煩悶すらしません。乗り越えられるとも思いません。彼女に「愛の夢」はありません。あるのは自分の現実的な限界と、その現実の中で精一杯生きる事だけなんです。だから彼女は、この愛は、なかったことにしようとするんです。それは、なかったことにする以外にないからなんです。

ここが、オレには、とてつもなく切なかった。

■あなたの名前を呼べたなら

そんなラトナにはきちんとした夢があって、それは服飾デザイナーになることでした。それと、実家にいる妹に立派に教育を受けさせることでした。家政婦の仕事も、そんな妹の学費を稼ぐためでもありました。手に職を付けて自立して生きてゆくこと、そして家族のバックアップをするということ、それは社会生活者のひとつのあるべき姿ではあり、ラトナはそれを現実的にやり通せる女性として描かれます。不条理な因習があり、乗り越えられない階級差があったとしても、それでも彼女は自分なりの生き方を見つけ、生活してゆくことでしょう。

でも。もしも、下らない因習も、馬鹿馬鹿しい階級差も無かったとしたら。そうしたら、彼女はもっと幸せに、自分らしく生きていけたはずではないですか。変えられない現実に「もしも」と言ったところでなんの意味もないのかもしれない、けれども、こうではない現実を夢見てはいけないのか。彼女は夢見ることも許されないのか。そしてその「夢見ること」が、アシュヴィンが投げかけてくれた愛、彼が因習も階級も意に介す事なく届けようとした想いの中にあったことにラトナは気づき始めます。

とても素晴らしい映画でした。そして最高に素晴らしいエンディングを見せてくれた映画でもありました。ラトナとアシュヴィンの関係は、愛とか恋とか、まあそういった口幅ったいことよりも、それが成就するとかしないとかいうことよりも、自分はここにいていいんだ、という自己肯定感を与えあった者同士だったようにも思えます。それは相手を信頼し尊重し合うということであり、そうやってお互いを思い遣ることで得られる心の安らぎです。そういった二人の在り様が、なんだが胸に響いたんですよ。でもそれが、結局は愛って事なのではないですか?

あなたの名前を呼べたなら [DVD]

あなたの名前を呼べたなら [DVD]

  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: DVD